インタビュー担当者:瀬尾 (瀬)

高校時代から、海外の人と英語で交流したいと思っていた、 Makoto さん。S E L C では、クラスメートとたくさんの思い出を作ることができ、自分で成長を感じることができました。

いま留学を検討されている皆さん、S E L C で何か新しいことにチャレンジしてみませんか?

ストーリー


自分の言葉で海外の人と交流したい

「留学しようと思ったきっかけは、高校在学中で大学進学を悩んでいた時期に、大学に進んだら語学学科に行って英語やスペイン語などを学んで、自分の言葉で海外の人と交流したいと思っていました。ですが、大学は日本にあるので日常で使う言語は日本語になるし、外国人に会う機会も少ないと思い、それならお金はかかるかもしれないけど、自分から海外に行った方が、語学力も経験も日本にいるよりはるかに多く得られると考えたことがきっかけです。」

「SELCに決めた理由は、English Policyがあり、General Englishコースだけでなくバリスタのコースがあったことも理由の一つです。いろんな事を経験したいと思っていた自分にとっては、とてもいい経験でした。」

一番の思い出は、“ A u s t r a l i a n   S t u d y ” !

1位 Australian Study
「General Englishの、Intermediateレベル以上のクラスの選択授業なんですが、自分より上のレベルの人と友達になるきっかけになりましたし、
郊外のビーチなど行ったことなかった場所に行ったり、BBQをしたり、同伴の先生も一緒になって楽しめました!」

2位 バリスタコース
「マシンの名称やコーヒーの違いもわからなかったですが、英語でイチから説明してもらって、コースの最後には資格もとれて、みんなとも仲良く楽しくできました!」

3位 The Biggest English In The World
「ボンダイビーチで開かれたギネスに挑戦するイベントで、SELC生はもちろん、シドニー中の語学学校の生徒が集まって、天気にも恵まれてとても盛り上がりました!」

国ごとの考え方を知ることの意味

「卒業して自分が変わったと感じる事は、英語力に自信がついたことで、学校や現地でできた友達とよく喋ったり遊びに行ったりもするようになり、そこで国ごとの捉え方の違いを知ったことで自分の考え方も変わりました。そして、人前で喋ることや、初対面の人と話すこともあまり好きではなかったんですが、今では自分から積極的にできるようになりました!」

「これからの目標は、物事をいろんな角度から考えれるようになる事と、今まで自分がやったことない事にどんどん挑戦していく事です。」